0000565078.bmp

トップ ≫

最新情報

群馬県連盟理事長 江原謙治 挨拶

0000456535.jpg
 群馬県は関東地方の北西に位置する内陸県です。最近では夏の最高気温の高さが全国的に有名になりましたが、世界遺産である富岡製糸場や豊かな自然、また草津温泉や伊香保温泉、スキー場など観光資源も多く存在しています。
 群馬県少林寺拳法連盟は1985年に群馬県連絡協議会として発足し、翌1986年に連盟に改称し、現在に至っております。県内各地で23の拳友会・支部が活動しています。
2001年に群馬県体育協会に準加盟、2004年に正式加盟しました。群馬県体育協会は2011年に同スポーツ振興事業団と合併した為、現在では「群馬県スポーツ協会」という名称になっています。
発足当初より20年の長きにわたり連盟を引っ張っていただいた坂井紀夫先生(高崎)に代わり・2006年4月より、私、江原謙治(前橋)が理事長を拝命し現在に至っております。
 群馬県少林寺拳法連盟では、2018年に全国大会を主催いたします。多くの方にこの群馬の地にお越しいただくことを願い、また、開催までの間、あらゆる面での御協力を是非お願いいたします。
 少林寺拳法は1947年に、敗戦により打ちひしがれ自分を見失った若者達の将来を憂いた宗道臣先生が、御自身が若かりし頃大陸で身につけた武術を元に創始した日本の武道です。
 少林寺拳法では、「人間は可能性の種子」と考えます。先ずそれをしっかり認識することが大切です。明確な目標を持ち、やるべきことをやっていけば人間は自ずと成長できるものです。少林寺拳法では詳細に定められたプログラムに則った修練により、昇級や昇段という目に見える結果が得られ、自分が「可能性の種子」であることがしっかりと認識できます。そしてそれが自信となり日常生活や学校、職場等での積極的な活動へとつながっていくのです。
  少林寺拳法は修行により「護身練胆」、「精神修養」、「健康増進」の三つのものを得ることができます。我々はこれを「三徳」と呼んでおりますが、ただ強くなるだけでなく、決して優しさを置き去りにしない、そんな強さを目指さねばなりません。また修練により健康が増進され、生活の質の向上に役立たせることを目指すのです。
 今後さらに、志を共にする仲間を増やして、楽しさと厳しさを両立させながらこの道を邁進してまいりたいと考えます。

【新着情報】

モバイルサイト

群馬県少林寺拳法グループスマホサイトQRコード

群馬県少林寺拳法グループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!